1. HOME
  2. 天衣無縫とは
  3. はじまりと今

天衣無縫とは

はじまりと今

今から20年程前のことです。タオル、ハンカチ、Tシャツなどコットン製品の製造卸業を営んでいた私は、驚くべき事実と向き合いました。
それは、農業で使用されている有害化学物質の総量の約25%が綿花の生産に使用されているという報道でした。
綿の栽培に使用されているのは、世界の耕地のわずか3%です。にもかかわらず、大量の化学肥料や除草剤、殺虫剤、枯葉剤などがそこで使われている…。
さらにショックだったのは、綿花の収穫前に、広大な畑に枯れ葉剤が飛行機で散布されていたことです。枯れ葉剤はかつてベトナム戦争で米軍が化学兵器として使用していたことで有名です。このような綿を原料にしたタオルはつくりたくないと強く思いました。
その後、私はアメリカ・テキサス州へ飛びました。少数の綿花生産者が従来型の化学農業をやめて、有害化学物質を一切使用しない有機農業に切り替えていることを知ったからです。
こんなきっかけにはじまり、1993年春には、オーガニックコットンを原料とした製品の製造・販売を日本ではじめるようになりました。

あれから16年。オーガニックコットン製品の市場は飛躍的に拡大しました。「環境への配慮」を求める世界的な潮流のなかにあって、オーガニックコットン製品は日常生活に不可欠な実用品として多くの人々に受け入れられるようになりました。
しかし、新しい市場が拡大する時に必ず起きるのが原材料の水増しや偽装の問題です。オーガニック綿に一般綿を混ぜても、その比率は分析できません。そこで、「天衣無縫」では、オーガニック製品の信用性を担保するため、2009年1月15日にGOTS*(オーガニックテキスタイルの世界基準)の第三者認証を一部工場で取得しました。

有害化学物質は使用していないという認証のついたオーガニックコットン製品が普及することは、心ある少数のオーガニック農業者を支援し、地球の自然環境を保護することに直接結びついています。私たちは微力ながら、原料から製品までの履歴を証明できるオーガニック製品を生産し、より多くの人々にお使いいただく努力を続けることで、美しい地球の自然環境と、地球上のあらゆる生物の生態系を守る大きなネットワークの一環でありたいと願っています。

藤澤 徹(株式会社新藤 代表取締役社長)

*Global Organic Textile Standard の略。オーガニック認証では世界で最も実績のあるオランダのコントロールユニオン(略称CUC)の審査によるオーガニック製品の国際認証基準。
詳しくはこちら→「オーガニック認証」