1. オーガニックコットン リネン ウール「天衣無縫」
  2. オーガニック認証

オーガニック認証

オーガニック認証とは

オーガニックコットン製品の認証は、(1)綿花生産=農業段階の認証(2)製品の製造工程=工業段階の認証の2つの過程に分かれています。

(1)綿花生産の認証基準について

ヨーロッパ基準である「ECC 規制2092/91」と米国農務省の基準である「USDA/NOP(米国農務省/自然有機プログラム)」が主な国際基準とされています。(日本の有機農業基準には有機JAS がありますが、日本では綿花生産が産業として成立していないので綿花の認証の項目がありません。)農業段階の有機認証の内容は、主に「3年以上農薬と化学肥料を使用していない農地で、有機栽培された綿花である」という内容に収斂されます。

(2)製品の製造工程の認証基準について

天衣無縫(株式会社新藤)は、全国約40カ所の契約工場の書類審査と実地検査を受け、2009年1月15日にコントロールユニオン(Control Union Certifications/通称CUC)オランダ本部からGOTS(オーガニックテキスタイルの世界基準)の正式認証を一部工場で取得しました。コントロールユニオンは、オーガニック認証において世界で最も実績のあるオランダのオーガニック製品認証機関です。GOTSの認証基準は、以下の7項目です。

1.有機製造方法に関するEUの「ECC規制2092/91」あるいは、アメリカの「USDA/ NOP(米農務省/ナショナル・オーガニックプログラム)」認証を受けた原綿を使用している。
2.認証されたオーガニック繊維が70%以上含まれている。
3.同一の非オーガニック繊維とオーガニック繊維の混合を認めない。
4.製品にはGMO(遺伝子組み換え)技術を使用した材料を含まない。
5.製造及び加工は、環境に悪影響を及ぼすことのない状況のもとに行われている。
6.加工助剤はGOTSの規程に従って使用される。
7.原綿までのトレーサビリティ(生産履歴の追跡)が可能である。

GOTSマークは、確かな品質の目印です。

世界に数多くあるオーガニックコットンの認証機関のなかには、書類審査しか行われないケースも多く、日本の機関ではそれが一般的です。一方、CUCの認証では実地検査も行われます。天衣無縫の認証にあたってはオーガニックコットンの含有率や禁止有害化学物質の有無はもちろん、製品保管時の異物混入やさらには従業員の労働条件まで、さまざまな角度から約1年かけて検査が行われました。GOTSマークは、こうした非常に厳格な審査で証明された“確かなオーガニック製品”の目印です。