オーガニックをスタンダードに.
オーガニックをスタンダードに.
オーガニックをスタンダードに.
オーガニックをスタンダードに.
天衣無縫について

天衣無縫について

1993年春。
私たちは、当時まだ知られていなかったオーガニックコットンを原料に、
日本でオーガニック製品の製造・販売をはじめました。

オーガニックとは、
共に生きること。

わたしたちが目指しているのは、
原料生産から最終製品まで、
「自然を生かした、ここちよく美しいものづくり」です。

オーガニックなものづくりを通して、
人と人、人と自然が共生するにふさわしい暮らしを
お客様おひとり、おひとりにお届けいたします。

オーガニックをスタンダードに。

私たちの「Organic」

私たちの「Organic」

天衣無縫とは、天女の衣には縫い目がないことから転じ
「細工をした跡がなく、自然に美しくつくられていること」を意味します。

ものづくりの姿勢

農産物である綿花の生産現場には、多量の農薬や化学肥料による土壌汚染、健康被害や長時間労働の強要など、さまざまな問題が存在しています。農薬や化学肥料を使わないオーガニックコットンは、これらの環境・社会問題を解決する方法の一つです。

天衣無縫は、2009年1月15日よりタオルや肌着などの定番商品を中心にオーガニックテキスタイル認証を取得してきました。年月とともにオーガニック認証の審査基準そのものも変化し、これまで天衣無縫が大切にしてきた天然染料や、日本独自の製法・工程によるものづくりによって、むしろ認証を取得することが難しくなるという現実もあります。それでも私たちは可能な限り認証の取得に努め、世界基準の確かなオーガニックテキスタイル製品の普及に努めています。同時に天然素材そのものが持つ色やかたち、昔ながらの技術を大切にし、自然を生かした美しいものづくりを目指しています。

天衣無縫はものづくりを通して、人と人、人と自然が共に生きる暮らしを実現いたします。

物語る人、物

物語る人、物

天衣無縫の製品には、
さまざまな人の技術と想いも一緒に織り込まれています。
ものづくりを取り巻く、さまざまな人たちのものがたり。

物と向き合い、人と向き合う。

わたしたちが目指す製品は、
ブランド名「天衣無縫」が意味する“自然を生かし、
ここちよく美しい”製品です。

ひとつひとつの製品が作られるまでには、
綿花農家、紡績工場、縫製工場などといった
各地に広がるつくり手の方々が携わっています。

1993年春から始まった
オーガニックなものづくりと、
それを取り巻く人々の想いを紡ぎます。

お知らせ

POPUP

<高島屋大阪店にてPOPUP開催中です>

本日より、高島屋大阪店 6階エスカレーター横にてPOPUPを開催しています。

定番タオルのほか、人気のソックスやベビーアイテムなどのギフトセットを展開しています。

————————————————————————————
〈高島屋大阪店 6階エスカレーター横〉
期間:10月6日(水)〜12日(火)まで
※最終日は6時終了
※営業時間などは高島屋大阪店HPよりご確認ください。
————————————————————————————

トピックス

<2021AWのカタログができました>

天衣無縫2021AWのカタログができました。

https://www.tenimuhou.jp/catalog/index.html

※商品によっては9月、11月に入荷するものもございます。

POPUP

<高島屋京都店にてPOPUP開催中です>

本日より、高島屋京都店 6階バストイレタリー売り場にてPOPUPを開催しています。

定番タオルのほか、人気のインナーや婦人雑貨、ベビーアイテムなどを展開しています。

————————————————————————————
〈高島屋京都店 6階バストイレタリー売り場〉
期間:6月2日(水)〜15日(火)まで
※最終日は5時終了
※営業時間などは高島屋京都店HPよりご確認ください。
————————————————————————————

イベント

<ブランドサイトをリニューアルしました>

天衣無縫のブランドサイトをリニューアルいたしました。

https://tenimuhou.jp/

ウェブログ

直営店

【横浜店】寅年干支タオル早期承り中

ウェブログ直営店

日本橋店【寅年・干支タオル販売のお知らせ】

直営店

【横浜店】オーガニックコットンで暖かい秋/プチ改装のご報告

企画室

高島屋大阪店にてPOPUP開催中です

直営店

【日本橋店】秋の新作フェア・スタンプ2倍デー