オーガニックをスタンダードに.
オーガニックをスタンダードに.
オーガニックをスタンダードに.
オーガニックをスタンダードに.
天衣無縫について

天衣無縫について

1993年春。
私たちは、当時まだ知られていなかったオーガニックコットンを原料に、
日本でオーガニック製品の製造・販売をはじめました。

オーガニックとは、
共に生きること。

わたしたちが目指しているのは、
原料生産から最終製品まで、
「自然を生かした、ここちよく美しいものづくり」です。

オーガニックなものづくりを通して、
人と人、人と自然が共生するにふさわしい暮らしを
お客様おひとり、おひとりにお届けいたします。

オーガニックをスタンダードに。

お知らせ

トピックス展示会

<インテリア ライフスタイル 2024 出展のお知らせ>

6月12日~14日に出展するインテリアライフスタイル2024のお知らせです。

横浜店日本橋店オンラインストア

<GW SALE開催中>

人気のタオルを期間限定でお値下げしております。

トピックスPOPUP

<ロフトにてPOP UP開催中>

渋谷ロフト、銀座ロフトにてPOP UPを開催しております。

直営店横浜店日本橋店オンラインストア

<天衣無縫の母の日ギフト>

母の日に、オーガニックコットンを贈る

トピックス

<横濱001 受賞のお知らせ>

横浜が選んだ、横濱ブランド。

私たちの「Organic」

私たちの「Organic」

天衣無縫とは、天女の衣には縫い目がないことから転じ
「細工をした跡がなく、自然に美しくつくられていること」を意味します。

ものづくりの姿勢

現代の主流なコットン栽培には多量の農薬や化学肥料による土壌汚染、
農家の方々の健康被害や長時間労働の強要、児童労働など、
さまざまな問題が存在しています。

農薬や化学肥料を使わないオーガニックコットンは、
これらの環境・社会問題を解決する方法の一つです。

物語る人、物

物語る人、物

天衣無縫の製品には、
さまざまな人の技術と想いも一緒に織り込まれています。
ものづくりを取り巻く、さまざまな人たちのものがたり。

物と向き合い、人と向き合う。

わたしたちが目指す製品は、
ブランド名「天衣無縫」が意味する“自然を生かし、
ここちよく美しい”製品です。

ひとつひとつの製品が作られるまでには、
綿花農家、紡績工場、縫製工場などといった
各地に広がるつくり手の方々が携わっています。

1993年春から始まった
オーガニックなものづくりと、
それを取り巻く人々の想いを紡ぎます。

カタログ

2024SSデジタルカタログ

2024SSデジタルカタログ

2023AWデジタルカタログ

2023AWデジタルカタログ