私たちの「Organic」

私たちの「Organic

天衣無縫とは、天女の衣には縫い目がないことから転じ
「細工をした跡がなく、自然に美しくつくられていること」を意味します。
目指すのは「自然を生かした、ここちよく美しい」製品づくりです。

ものづくりの姿勢

農産物である綿花の生産現場には、
多量の農薬や化学肥料による土壌汚染、
健康被害や長時間労働の強要など、さまざまな問題が存在しています。
農薬や化学肥料を使わないオーガニックコットンは、
これらの環境・社会問題を解決する方法の一つです。
天衣無縫は、2009年1月15日より
タオルや肌着などの定番商品を中心に
オーガニックテキスタイル認証を取得してきました。
年月とともにオーガニック認証の審査基準そのものも変化し、
これまで天衣無縫が大切にしてきた天然染料や、
日本独自の製法・工程によるものづくりによって、
むしろ認証を取得することが難しくなるという現実もあります。
それでも私たちは可能な限り認証の取得に努め、
世界基準の確かなオーガニックテキスタイル製品の普及に努めています。
同時に天然素材そのものが持つ色やかたち、
昔ながらの技術を大切にし、
自然を生かした美しいものづくりを目指しています。
天衣無縫はものづくりを通して、
人と人、人と自然が共に生きる暮らしを実現いたします。

私たちの「Organic」
オーガニックテキスタイル認証について

オーガニック
テキスタイル認証について

オーガニックテキスタイル認証とは、原料である有機栽培の綿花から最終製品になるまでの履歴の証明です。その認証がついた製品が普及することは、オーガニック農業者支援や、地球の自然環境保護に直接結びついています。私たちはそのオーガニックテキスタイル認証商品を生産し、より多くの人々にお使いいただく努力を続けることで、美しい地球の自然環境と、地球上のあらゆる生物の生態系を守る大きなネットワークの一環でありたいと願っています。

グローバル オーガニック
テキスタイル スタンダード

Global Organic Textile Standard

オーガニックテキスタイルの国際基準であり、オーガニック原料から生産、最終製品、消費者に渡るまでの取引を含む全工程おいて、人や環境に負荷をかけないように基準を設け、管理されている製品にのみ与えられる認証です。第三者認証機関による各工程の実地検査、使用薬剤の安全性、製品保管時の管理体制から従業員の労働条件に至るまで検査を義務づけています。

  • グローバル オーガニックテキスタイル スタンダード

オーガニック
コンテンツ スタンダード

Organic Content Standard

オーガニック製品の普及を目指すアメリカのNPO Textile Exchangeによって定められた認証基準です。「OCS100」には95%-100%のオーガニック原料が使用されていることを表し、原料から生産、最終製品、消費者に渡るまでの取引を含む全工程において生産履歴が保たれるよう義務づけられ、第三者認証機関による各工程の実地検査が行われます。

  • オーガニックコンテンツ スタンダード